キャッシングとカードローンの選び方|金利と限度額が肝心

お金

サブメニュー

手形で資金調達する方法

スーツの男性

支払いの期日がきていない手形を銀行や金融機関に買取ってもらうことを手形割引といいます。支払いの期日がまだ来てないので、満額の金額を受け取ることは出来ませんが、出費が重なって資金調達している場合は便利です。

詳細を確認する

無担保で即日融資

クレジットカード

急にお金が必要になった時に便利なサービスがカードローンです。審査に通れば即日融資を受けることも堪能なので、資金を簡単に調達することが出来ます。しかし、金融機関の審査に通るには安定した収入が必要です。

詳細を確認する

しっかりした返済プラン

貯金箱

今日中に数十万円が必要な時に便利なサービスが個人向けの無担保のキャッシングとカードローンです。両者はとても似ていますが、決定的に違う部分があります。それは、返済方法の違いです。キャッシングの場合は融資を受けた翌月に一括返済をしなくてはいけません。しかし、カードローンは自分の経済状況に合わせて分割返済することも可能になっています。この返済方法の違いが一番大きな違いでしょう。

キャッシングでもカードローンでも金融機関によって金利も違いますし、限度額も違います。そのため、利用するときは低金利で融資を受けることが出来る銀行からお金を借りると良いでしょう。ですが、銀行の審査基準は厳しく、時間も数日から一週間程度かかることがあります。そのため、審査をした当日に融資を受けることが出来るかわかりません。ですから、当日に融資を受けたい人は、民間の金融機関の審査を受けてお金を借りるようにしましょう。すぐに融資が必要ない人は、金利の低さが魅力な銀行のカードローンを利用しましょう。

通常キャッシングでは金利と限度額の関係は反比例になっています。限度額が高いと金利が低くなり、限度額が低いと金利が高くなる傾向にあります。ですからしっかりと返済プランを立てるために金融機関からお金を借りるときは金利と限度額を確認しておきましょう。さらに、限度額の高いからと行って沢山のお金を借りてはいけません。金利が低くても無理な返済計画を立てずに、確実に返済出来るプランにしましょう。

金利の低いローン

お金

個人向けの無担保ローンよりも不動産担保ローンは金利が低く設定されています。自分の所有している不動産を担保にしているので、金融機関は回収出来ないリスクが少ないので、金利が低く設定出来るのです。

詳細を確認する